永久脱毛の施術に健康保険は使えるか

病院での永久脱毛は、ムダ毛をなくしたいところへ特殊なレーザー光線を照射するやり方です。

毛の根元の細胞組織を、高熱で破壊するので、永久脱毛の効果になります。毛根組織だけへの反応になりますので、表皮へのダメージはないものです。エステサロンでの脱毛とは違いますので、永久脱毛は美容外科や美容皮膚科などでの、医療行為での脱毛です。医療での治療ですので、痛いと思うならば有料で、医療用の麻酔を使うこともできます。医療従事者は肌状態を判断しながら、毎回の医療レーザーでの脱毛をすることになります。

ドクターもいますから、肌に何かあっても対処は早いですし、医療脱毛は早くキレイになります。美容外科クリニックや美容皮膚科での脱毛になりますので、病院だったら健康保険が利用できると考えるかもしれません。しかし永久脱毛の医療レーザーには、健康保険証を提示しても保険適用にはなりません。病院での医療行為だったら、保険適用は当然と考えるとしたら、それはなにかの病気の時だけになります。

日本は健康保険が充実しているので、普段の病気やケガだったら、疾患の治療で保険適用で安い支払い金額で済みます。でも体毛が生えるのは自然お原理であり、病気でもなにかの疾患でもありません。体毛は人間お体を守るものであり、あっても問題ないために、健康上は特に悪いものではないです。そのため医療脱毛は病院で行いますが、それは目的が美容になりますので、健康保険適用外の取扱となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *