ほくろが多くても永久脱毛は可能か

永久脱毛は身体のほとんどの部位に、施術は可能であると言われています。

とはいえ永久脱毛にはあまり向かないパーツはありますし、脱毛には不向きな箇所もないとは言えません。黒い色をレーザー光によって感知をして、高ネルで細胞組織を壊して、永久脱毛の処理になります。この仕組みがありますので、日焼けをした肌や色黒なタイプは、メラニンが多いためにレーザー光での脱毛は危険が伴うこととなります。照射をしたレーザー光が、体毛の根元以外の皮膚のくろさにまで反応すれば、皮膚にはヤケドをするからです。

皮膚のくろさだけではなく、アザやほくろにも反応をするのが、レーザー光の特徴でもあります。黒い色には反応をしますし、それはほくろでも見分けが付かないのがレーザー光の難点でもあります。だからといって、ほくろが多い人は永久脱毛ができないかと言ったら。そんなことはないです。ドクターの判断で医療脱毛は行われますので、まずは相談をすることです。

とても肌にほくろが多い時には、さいしょにほくろの治療をすることも考えられます。ほくろに専用のレーザーを照射して、かさぶたとなって取れるという、美容医療の治療があります。そうした処置があれば、ほくろの色は薄くなって、脱毛にも問題はなくなります。ですが目立つほくろがいくつかあるときは、保護テープなどで保護して、その場所にレーザーが当たらないようにするなど、病院で適切な対処をしてくれることが多いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *