医療脱毛のリスクと対処方法

医療脱毛であれば、医師や看護師のもとで施術を受けることができるため、安全性が高まります。

何らかのトラブルが発生しても、治療ができる医師が常駐していることから、素早く処置をしてくれます。ですが、医療脱毛は光脱毛に比べてとても強力な照射力を持ちますので、それなりのリスクを持っています。まず、やけどのリスクです。これに関する対処方法は、日焼けをできるだけ防ぐことです。医療脱毛のレーザーは色素の濃い部分によく反応します。

肌が黒く焼けていると、その部分にレーザーが影響してしまいますので、やけどのリスクが高まることになります。基本的に毛の色素のみに反応するレーザーですので、肌をこんがりと焼かなければ、やけどの心配はほとんどなく、安全な施術が可能です。ニキビができやすいというリスクもあります。レーザーを照射した部分は、とても肌がデリケートな状態に変化します。バリア機能が低下した部分にニキビの原因菌が繁殖して、炎症を引き起こす場合があります。

これの対処法は、肌を清潔な状態に保つこと、ニキビができたならむやみに触らず、治療薬などを用いて炎症を抑えるようにします。安静にしていれば、2週間~3週間くらいで炎症が鎮まり、綺麗な肌に戻すことができます。ニキビ治療薬の使用については、事前に病院のスタッフに使用できるか質問しておくと、より安全に対処できます。施術後にトラブルが発生したなら、すみやかにスタッフに相談することが大切です。
名古屋の医療脱毛のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *