低コストで熱交換器メンテナンスを行いたいのであれば、赤錆剥離・除去電磁気装置を使うのがおすすめです。この装置は即効性が低いものの効果の持続性が優れており、ランニングコストが安いというメリットがあります。装置は設備を止めなくても簡単に装着できるので、工場の運営に支障をきたすことはありません。薬品を一切使わないため安全性が高く、定期的にメンテナンスを行わなくてもスケールを除去してくれます。

赤錆剥離・除去電磁気装置はスケールだけでなく赤錆にも高い効果を発揮します。コストを抑えて熱交換器メンテナンスを行いたいのであれば赤錆剥離・除去電磁気装置がおすすめですが、より迅速にスケールを除去したい場合には洗浄液を使うとよいでしょう。塩酸をベースとする強酸性の洗浄液を使うと、スケールの主成分であるカルシウムやシリカなどの無機塩類を短時間で溶かすことが可能です。非常に即効性が優れているので作業の前後で効果を明確に実感できるというメリットがあります。

ただし洗浄液で熱交換器などの内部を洗浄するには設備を止めなければなりません。また効果の持続性が低く人件費がかかる他に、劇物である洗浄液を慎重に扱わなければならないなどのデメリットも存在します。市販されている強酸性の洗浄液の中には安全性と洗浄力を両立したものも存在します。強酸性でありながら素手で触れても怪我をすることがなく、環境にも優しいという特徴があります。

金属の腐食も少なく作業は短時間で済むので人件費などのコストを抑えることができます。強酸性の洗浄液で熱交換器メンテナンスを行うのであれば、安全性と洗浄力を両立したタイプを選ぶとよいでしょう。熱交換器メンテナンスのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です