熱交換器スケールは定期的に除去しないと次第に厚く堆積して性能低下や故障の原因になります。配管内に流体として水を流す熱交換器やクーリングタワーなどでは、水が何度も循環と蒸発を繰り返すため不純物が急速に濃縮します。工場において熱交換器スケールが原因で性能低下や故障が起きると、業務を停滞させてしまうので注意しなければなりません。熱交換器スケールが厚く堆積してトラブルが発生する前に、何らかの方法で取り除くことが大切です。

堆積したスケールを除去する方法には様々なものがありますが、赤錆剥離・除去電磁気装置を使うと非常に簡単に対策を講じることができます。この装置はランニングコストが低く効果の永続性が優れているだけでなく、薬品を全く使わないので安全性が高いというメリットもあります。簡単な方法で装置を装着できるため設備を止める必要がないのに加えて、頻繁にメンテナンスを行わなくても熱交換器スケールを除去してくれます。この装置は赤錆にも効果があるので、スケールと赤錆の両方を効率的に除去したい場合におすすめです。

より高い即効性を求める場合には薬品を使って洗浄を行うとよいでしょう。薬品を使って洗浄を行う場合には設備を停止させる必要がありますが、作業前後で効果を明確に実感できます。洗浄ではなくたんに薬品を注入する場合には、設備を停止させずに作業を行うことが可能です。薬品を注入する方法は洗浄を行う場合と比べると効果の継続性が高く、リスクも小さいというメリットがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です