熱交換器スケールを除去するには、強酸性の洗浄液や赤錆剥離・除去電磁気装置を使う方法があります。厚く堆積したコンクリートのような熱交換器スケールは、放置すると性能低下や故障の原因になるので早めに対処しなければなりません。透明な水中には一見すると何も含まれていないように見えますが、ケイ酸カルシウムや炭酸マグネシウムなどの無機塩類が溶けています。水に含まれる物質の量には限界があり、上限を超えると余分な無機塩類が熱交換器スケールとなって析出します。

工場などを効率的に運営したいのであれば、トラブルが発生する前にメンテナンスを行うことが大切です。熱交換器スケールの主な成分にはカルシウムとシリカの2種類があり、いずれも非常に硬く水に溶けにくいという特徴が存在します。効果的に熱交換器スケールを除去したいのであれば、強酸性の洗浄液や赤錆剥離・除去電磁気装置を使うとよいでしょう。塩酸をベースとする強酸性の洗浄液は、非常に優れた洗浄力を備えているので堆積したスケールを迅速に除去できます。

短時間で素早くスケールを除去すれば、スタッフの人件費などコスト削減にもつながります。赤錆剥離・除去電磁気装置は効果が現れるまで時間がかかりますが、永続性が優れておりランニングコストが安いというメリットがあります。薬品を一切使わずにスケールを除去できるので、安全性が高く人体や環境に大きな影響を及ぼす心配は不要です。工場などの設備を止めずに作業ができ、スケールだけでなく赤錆も除去できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です