熱交換器スケールを除去する方法には様々なものがありますが、強酸性の洗浄液を使用するケースが多く見られます。配管内にコンクリートのような熱交換器スケールが堆積すると、性能が低下したり故障したりするので早めに対処しなければなりません。水中にはケイ酸カルシウムやマグネシウムなどの物質が溶けており、水に溶けることができる上限を超えると熱交換器スケールとなって析出します。熱交換器スケールの主な成分はシリカやカルシウムですが、塩酸をベースとする強酸性の洗浄液を使えば短時間で除去できます。

シリカ系のスケールは二酸化ケイ素が塩基と結合して生成され、主にケイ酸カルシウムやケイ酸マグネシウムなどがあります。これらの物質が濃縮されて析出すると、非常に硬くて水に溶けにくいため人力で除去するのは困難です。カルシウム系のスケール水中のカルシウムが他の物質と結合して生じます。例えば炭酸カルシウムは水中の二酸化炭素と結合して生成され、シリカ系のスケールと同様に非常に高く除去が難しいという特徴があります。

スタッフが金属製の工具などを使って堆積した熱交換器スケールを除去するには、多くの時間と手間がかかってしまいます。非常に硬くて水に溶けにくいスケールは酸性の物質に弱いという特徴があり、強酸性の洗浄液を使えば効果的に除去することが可能です。基本的に強酸性の洗浄液は危険度が高く、金属も腐食させるので慎重に扱う必要があります。市販されている洗浄液の中には強酸性でありながら安全性が高く金属の腐食も少ないタイプもあり、熱交換器の洗浄に最適です。

熱交換器スケールのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です