熱交換器スケールとは水中に含まれていたカルシウムやシリカなどの無機塩類が析出し、配管内に堆積したものです。水を流体として内部で何度も循環・蒸発させる装置では、無機塩類がコンクリートのような状態になって堆積します。熱交換器スケールは非常に硬くて水に溶けにくいため金属製の工具を使っても除去するのは困難です。定期的に除去しなければ装置の性能低下や故障を引き起こし、工場の生産ラインにも影響を及ぼします、厚く堆積した熱交換器スケールを素早く除去したいのであれば、強酸性の洗浄液を使うとよいでしょう。

スケールの主な成分にはカルシウムとシリカの2種類があり、いずれを主成分とする場合も非常に硬く水に溶けにくいという性質があります。水中に含むことができる物質の量には上限があり、超えると余分な無機塩類が析出します。例えば炭酸カルシウムは水中の二酸化炭素と結びつき、二酸化ケイ素は塩基と結びついてスケールになります。これらは酸性の物質に弱いという性質があるため、強酸性の洗浄液を使えば短時間で除去できます。

厚く堆積したスケールをブラシなどで除去することはできず、金属製の工具でも取り除くのは困難です。強酸性の洗浄液を使えば素早く除去できますが、人体や環境への影響が大きく金属を腐食させるので慎重に扱う必要があります。ただし市販されている洗浄液の中には、優れた洗浄力と安全性を両立したものも存在します。強酸性ですが素手で触れても問題なく、金属の腐食も少ないので熱交換器スケールの除去におすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です