熱交換器を設置している施設においては、メンテナンスについてどのように実施すればよいのか、方法や実施時期なども含めてさまざまな悩みがあるのではないでしょうか。常に稼働している熱交換器は過酷な条件下にさらされているものと考えてよく、メンテナンスを適切に実施しなければ装置の不具合を発生させてしまうおそれが高まります。特に熱交換器スケールは、一度付着してしまった場合には除去することが難しく、放置指定状態では更に析出した物質が増えていき、最終的には内部の配管などを塞いでしまい水流の大幅な低下や効率の悪化を招いてしまうものです。そこで重要となるのがメンテナンス作業であり、熱交換器スケールの確実な除去が求められるものと言えます。

蓄積している熱交換器スケールは、循環している水の中に含まれているミネラル成分が主となっており、析出した物質はかなり強固に内部の配管などに固着していきます。物理的に削ぎ落とすことも不可能ではありませんが、除去の作業効率が低く、作業によって機器の破損を招く恐れもありますのでおすすめはできません。やはり、熱交換器スケールの除去を専門に取り扱っている会社へ連絡をして、的確な除去作業を実施してもらうことが得策です。専用の洗浄剤を使用し、熱交換器スケールをスッキリと除去することで設備の寿命も長くなり、熱効率の回復にも効果的です。

これから熱交換器のメンテナンスをお考えの方は、まずは情報サイトをチェックの上検討されることがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です