ろ過器や軟水器を設置すれば、熱交換器スケールの原因となるカルシウムやマグネシウムなどを除去できます。原因となる成分が除去されるので熱交換器スケールが発生しなくなるだけでなく、水質が改善されるというメリットもあります。ろ過器や軟水器はメーカーや機種によりますが、導入に300万円から1500万円ほどの費用が必要です。ランニングコストも年間で50万円から100万円ほどかかるため、簡単に利用できないというデメリットが存在します。

赤錆剥離・除去電磁気装置は導入時に250万円ほどの費用がかかるものの、効果の永続性が高くランニングコストが安いというメリットがあります。年間のランニングコストは3万円ほどで、定期的なメンテナンスを行わなくても性能を維持できます。赤錆剥離・除去電磁気装置は装着が簡単で設備を止める必要がなく、業務効率に影響がないというメリットもあります。この装置は熱交換器スケールだけでなく赤錆にも効果がありますが、即効性が低いというデメリットも存在します。

厚く堆積した熱交換器スケールを短時間で除去したいのであれば、強酸性の洗浄液を使用するとよいでしょう。塩酸をベースとする強酸性の洗浄液を使うと、素早くカルシウムなどの無機塩類を溶かすことができます。一般的な製品は人体や環境への影響が大きいだけでなく、金属を腐食させるというデメリットが存在します。しかし優れた洗浄力と安全性を両立し金属の腐食が少ないタイプもあり、安全かつ迅速に熱交換器を洗浄できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です