再生可能エネルギーが世界的に注目されており、日本でも2050年までに全エネルギーを再生可能なものに転換することを政府が表明しました。すべては1990年代後半になって顕著になった地球温暖化に起因をしています。本来の電気の発電方法は、火力が主流でした。石炭や石油といった化石燃料を燃やして発生するパワーを使い、タービンを回転させる簡単な方法でしたが、これによって地球の上空に二酸化炭素がたまってしまい温暖化という現象を生み出しました。

それを避けるためには、地熱や太陽光線の自然なエネルギーを活用した新しいエネルギー供給を考えないといけないわけです。そこでここでは、地熱を使った熱交換器スケールの概要を詳しく解説していきましょう。日本は世界屈指の温泉大国で、地面の下した約400度にもなる地下水が豊富な分量であります。つまり、熱交換器スケールを使いやすい環境が整っている国であるといえるでしょう。

熱交換器スケールとは地下水をくみ上げて、そのときに発生する熱を用いて備わっているタービンを回転させることができる装置です。以前は大型工場や企業向けの設備でしたが、2015年以降はコンパクトな家庭用サイズも登場しています。国内の主要ガス会社が熱交換器スケールの製造を実施しており、新しいサービスとして設置と販売も担っています。熱交換器スケールは再生可能機器となっており、新しく導入するときは政府と自治体から補助金を受け取れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です