熱交換器スケールは放置すると厚く堆積して性能を低下させたり故障の原因になるので、定期的に適切な方法で除去しなければなりません。流体として水を通す熱交換器のような装置では、水中の炭酸カルシウムやシリカなどが析出してスケールになります。熱交換器スケールは非常に硬いだけでなく水に溶けにくい性質があり、スタッフが人力で除去しようとすると膨大な時間と労力が必要です。厚く堆積してしまった熱交換器スケールを短時間で除去したいのであれば、強酸性の洗浄液を使用するとよいでしょう。

強酸性の洗浄液は即効性があるため素早くスケールを除去できますが、設備を止めた上で作業を行わなければなりません。効果の持続性もそれほど高くなく劇物なので人体や環境への影響を考慮し、機器や配管を損傷させないように濃度を気を付ける必要があります。強酸性の洗浄液を使って熱交換器を洗う場合には慎重に作業を行わなければなりませんが、薬剤を注入する方法ならば管理の手間を省いてリスクを抑えることが可能です。内部に薬剤を注入する方法は効果の継続性が高く、設備を止めずに作業を行うことができるというメリットもあります。

なるべく費用を抑えて長期間にわたって効果を継続させたいのであれば、ランニングコストが安い赤錆剥離・除去電磁気装置を使うのもおすすめの方法です。この装置は薬品を一切使わないため安全性が高く、頻繁にメンテナンスを行わなくても熱交換器スケールを除去してくれます。また設備を止めることなく装着でき、熱交換器スケールだけでなく赤錆にも効果を発揮します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です