熱交換器スケールは定期的に除去しなければ性能低下や故障の原因となってしまいます。水中に含まれるカルシウムやシリカなどの無機塩類は、水が循環と蒸発を繰り返すと濃縮され熱交換器スケールとなって析出します。一旦析出した熱交換器スケールは非常に硬く水に溶けにくい性質があるため、金属製の工具などで削り落とすのは困難です。熱交換器スケールが厚く堆積してトラブルを引き起こす前に、何らかの方法で除去しなければなりません。

短時間で素早くスケールを除去したいのであれば、塩酸をベースとする強酸性の洗浄液を使用するとよいでしょう。無機塩類はスケールになると硬く水に溶けにくいため削り落とすのは困難ですが、酸性の物質に弱いという性質があります。強酸性の洗浄液は劇物なので慎重に扱う必要があるものの、短時間でカルシウムなどを溶かすことができます。一般的に強酸性の洗浄液は人体や環境への影響が大きく金属を腐食させるため、扱い方や濃度に注意しなければなりません。

しかし市販されている洗浄液の中には人体や環境に優しく、金属の腐食が少ないタイプも存在します。強酸性なのでカルシウムやシリカを主成分とするスケールを簡単に除去できますが、安全性も優れているため素手で触れても問題ありません。金属の腐食が多いタイプの洗浄液だと、装置の損傷を防ぐため濃度に気を付ける必要があります。強酸性でありながら金属の腐食が少ないタイプの洗浄液ならば、気軽に熱交換器スケールの洗浄に使うことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です