大阪市北区曾根崎に本社のある日阪(ひさか)とは、株式会社日阪製作所のことです。開発スピリットにあふれている面白い会社で、創業は1942年です。高度な物作りをしている産業機械メーカーで、「日本初」の優れた技術を持っているのが特徴です。日本初というのは、染色機・プレート式熱交換器・ボールバルブの開発においてです。

日本がまだ産業機械のほとんどを輸入していた時代に、日阪はこれらの開発に成功しています。日本のみならず、世界もその高い技術力に注目し、「日本のHISAKA」が認知されました。以降、時代を読みながらたゆまぬチャレンジを続け、日本と世界が必要とする製品を生み出しています。その大きな成果は新たな価値の創造に役立ち、現在もあらゆる産業分野の技術を支えています。

世界的には「流体の熱と圧力の制御技術」を持った専門メーカーとしての評価があります。事業内容は、熱交換器事業・プロセスエンジニアリング事業・バルブ事業であり、太陽光発電事業にも力を入れているところです。日阪製作所による技術は幅広いジャンルで活用されており、衣・食・住の分野をはじめ、環境・医薬・エネルギーの分野でも役立てられ、不可欠なものとなっています。そんな日阪が大切にしていることは「新たな価値の創造」です。

これまでの歴史を振り返っても納得ですが、新たな取り組みで新たな価値を創造することをスローガンとしているので、今後もその技術力が期待されます。「より高く・広く・深く」を追求しているこの会社は、2021年に「HISAKAMIND」を新たな経営理念とし、さらなる飛躍を遂げようとしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です