日阪は1941年に創業された大阪の老舗産業機械メーカーであり、特にプレート式熱交換器は国内でトップクラスのシェアを誇っています。この会社は1953年に日本で初めて国産のプレート式熱交換器を開発したパイオニアであり、汎用型の熱交換器に新機能を追加して様々な製品を生み出してきました。日阪は長年にわたり、日本国内のあらゆる産業に対して優れたプレート式熱交換器を提供してきた実績があります。同社は日頃から徹底した品質管理や、新たなプレートパターンの開発による伝熱効率の向上に取り組んでいます。

長年にわたって蓄積された経験や技術を活かして、顧客からの様々な要望に柔軟な対応ができる会社です。プレート式熱交換器は多管式など他のタイプと比べて伝熱係数が高く、効率的に熱交換ができるという特徴があります。完全な対向流での熱交換が可能なので、高温側の入口温度と低温側の出口温度を1度差まで接近させることもできます。乱流効果によってプレート表面に汚れが付着しにくく、フレームにメンテナンスのためのスペースがあるため設置面積が小さいというメリットも存在します。

日阪は長年にわたって、プレート式熱交換器のパイオニアとして優れた製品を提供し続けてきました。近年ではたんに高品質な製品を提供するだけでなく、顧客の状況に応じた最適な熱ソリューションの提案も行っています。例えば性能を最大限に引き出すための最適設計手法や、製品が活躍する様々なフィールドとアプリケーション事例などを紹介してくれます。高品質な熱交換器を安心して使い続けたいのであれば、日阪に相談するとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です