日阪は大阪市北区に本社のある産業機械メーカーで1941年に創業されました。様々な産業機械の製造・販売を行っており、特にプレート式熱交換器や染色機械のシェアは国内でもトップクラスです。日阪のボールバルブは様々な条件を満たし性能が優れているため高く評価されていて、市場では高いシェアを誇ります。同社は国産プレート式熱交換器のパイオニアですが、近年では食品や医薬品など生活関係の産業機器にも力を入れています。

日阪は1953年に日本国内で最初のプレート式熱交換器を開発して以来、高品質な熱交換を様々な産業に提供してきました。同社は現在でも最新のプレートパターンを開発し続けており、伝熱性能の向上に取り組んでいます。長年にわたって蓄積された経験や技術を活かしてコストダウンを図っているため、リーズナブルな価格で高品質な製品を購入できます。さらに同社では品質管理を徹底して行っているだけでなく、多くの納入実績があり製品の信頼性は確かです。

日阪では顧客の要望に的確に対応するため、超小型からスーパージャンボまで様々な熱交換器を用意しています。同社はセミ溶接式や栓溶接式の熱交換器の他にも、プレート式の凝縮器など汎用プレート式熱交換器に新たな機能性を加えた製品を開発してきました。顧客の要望に柔軟な対応ができるだけでなく、アフターサポートも充実している点が同社の大きな特徴です。主力商品であるプレート式熱交換器には引取りメンテナンスサービスがあるなど、安心して製品を使い続けることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です