日阪は1953年に日本で初めて国産プレート式熱交換器を開発したパイオニアで、国内のあらゆる産業に優れた製品を提供し続けてきました。この会社は大阪市北区に本社があり、1941年に創業された老舗産業機械メーカーで現在でも技術力の向上に努めています。同社は顧客の様々な要望に対応するため、汎用型のプレート式熱交換器に新機能を付加した製品を開発してきました。超小型からスーパージャンボまで豊富な品揃えがあり、顧客からのどのような要望にも柔軟に対応できます。

プレート式熱交換器は伝熱係数が高く効率的に熱交換ができるだけでなく、プレートを増減すれば任意に伝熱面積の変更が可能です。熱交換器には多管式や空冷式、コイル式など様々なタイプがありますがプレート式は特に伝熱係数が優れています。また乱流効果が得られることからプレート表面に汚れが付着しにくく、軽量で設置面積も小さいというメリットもあります。日阪はプレート式熱交換器のパイオニアとして優れた製品を提供するだけでなく、充実した顧客のサポートも行っています。

熱交換器の性能を最大限に発揮するためには、たんに製品の品質が優れているだけでなくメーカーによるサポートが重要です。日阪は顧客の状況に応じて製品が活躍する様々なフィールドとアプリケーション事例や、性能を引き出すための最適設計手法の提案などを行っています。さらにプレート式熱交換器の引取りメンテナンスサービスなども行っており、安心して製品を導入し使い続けることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です