日阪は1941年に創業された大阪の老舗産業機械メーカーであり、1953年には国内で初めてプレート式熱交換器を開発しました。同社は日本におけるプレート式熱交換器のパイオニアであり、国内のあらゆる産業を支える存在です。日阪は長年にわたり技術開発に努めていて、現在も新たなプレートパターンの開発による伝熱効率の向上に取り組んでいます。同社は優れた技術力を活かし顧客が求める性能を備えた製品を製造してきましたが、近年ではアフターサポートにも力を入れるようになりました。

熱交換器の性能を最大限に引き出すためには最適な手法で設計する必要があります。また実際に製品が活躍する様々なフィールドやアプリケーション事例を知り、よりよい使用条件を選ばなければなりません。日阪ではたんに高品質な製品を製造・販売するだけでなく、顧客が熱交換器を活用して効率的に営業を行うための様々な熱ソリューションを提案しています。優れた熱交換器を導入し、性能を最大限に発揮させたいのであれば手厚いサポートが受けられる日阪に相談するとよいでしょう。

この会社は経験豊富なスタッフが顧客の状況に応じて最適な熱ソリューションを提案するだけでなく、プレート式熱交換器の引取りメンテナンスサービスなども行っています。予備部品の提供を受けられたり現地スタッフを派遣してもらえるのに加えて、現場での性能測定などメンテナンスオプションも豊富です。日阪に相談すれば現場の状況に合った高品質な熱交換器を導入し、安心して使い続けることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です