日阪は1941年に創業された大阪の老舗産業機械メーカーであり、国産プレート式熱交換器のパイオニアとして知られています。同社は1953年に日本で初めてプレート式熱交換器を製造し、その後は顧客のニーズに対応するため新機能を追加した様々な製品を開発してきました。同社には超小型からスーパージャンボまで様々なサイズの熱交換器が揃えられており、顧客からのどのようなニーズにも的確に対応できます。日阪は現在でも技術力の向上に取り組んでおり、伝熱係数を高めるため新たなプレートパターンを開発しています。

プレート式熱交換器は伝熱部に複雑な形状の薄板が使われていて、伝熱性能が優れているだけでなく軽量かつコンパクトです。フレーム自体にメンテナンスのためのスペースが備えてあり、設置面積が小さいため気軽に導入できます。このタイプの熱交換器はプレートを積層する構造になっていて、枚数を増減させれば任意に伝熱面積の変更が可能です。乱流効果が得られるためプレート表面に汚れが付着しにくいというメリットもあります。

日阪は長年にわたり、日本国内のあらゆる産業に高品質なプレート式熱交換器を提供し続けてきました。近年では最適設計手法の紹介など熱ソリューションの提案にも力を入れており、経験豊富なスタッフから手厚いサポートが受けられます。主力商品のプレート式熱交換器には引取りメンテナンスサービスがあり、予備部品の提供や現地スタッフの派遣なども行われています。プレート式熱交換器の導入を検討しているのであれば、状況に応じて最適なサポートが受けられる日阪に相談するとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です