企業が省エネ化を図るには、照明を消費電力が少ないLEDに交換したりエネルギーの使用量を可視化する装置を導入するなどの方法があります。エネルギーの消費量を抑えるためには初期投資に一定のコストがかかってしまいますが、長期的なランニングコストを抑えることができます。省エネ化によってコスト削減を図りたいのであれば、短期的に結果を出そうとするのではなく長期的な視点に立つことが大切です。国や地域によっては、補助金や助成金などの形で省エネ化を支援しているケースもあります。

日本でも企業に対する様々な支援制度が設けられており、初期投資のコストを最小限に抑えることができます。国内で実施されている企業への支援策としては、無料の省エネ診断や節電診断の他に講師の派遣や補助金などがあります。国や地方自治体によって様々な制度が設けられているので、実際にエネルギー消費量の抑制に取り組む際には問い合わせてみるとよいでしょう。エネルギーの消費量を抑制するには使用していない照明を切ったり、節水を行うなど普段から無駄をなくすように心がける必要があります。

新しい設備を導入しなくてもメンテナンスを定期的に行い、無駄をなくすように心がければエネルギーの消費量を抑えることが可能です。エネルギーを節約できるのに加えて設備にかかる負担も軽減されるので、寿命が延びるというメリットもあります。省エネ化を図りつつ設備の寿命を延ばしたいのならば、潤滑油や機械油を定期的に注入・交換したり冷却を徹底して負担を軽減するとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です