企業が省エネ化を推進する方法には様々なものがありますが、なるべくコストをかけずに行いたいのであれば既存の機械や設備のメンテナンスをしっかり行うことが大切です。省エネ化を図ろうとする場合、エネルギー使用量を可視化する装置を導入するなどの方法が考えられます。エネルギーの使用量を可視化すれば、常に節約を意識して機械や設備を使うことができます。事業所内の照明を消費電力が少ないLEDに交換するのも、省エネ化を図るのに有効な方法です。

しかしコストをかけて新たな装置などを導入しなくても、既存の機械や設備のメンテナンスをしっかり行えばエネルギー消費量を節約できます。機械や設備に潤滑や機械油を定期的に注入・交換すれば、負荷が軽減されてエネルギー消費量が減るだけでなく寿命も伸びます。冷却水を循環させて冷やしたり、油圧管理でフィルターの目詰まりを防ぐなどの方法もエネルギーの消費量を抑えて寿命を伸ばすのに有効です。油脂類は使い続けていると徐々に劣化して粘土を維持できなくなったり、不純物が混入して性能を発揮できなくなったりします。

劣化や不純物の混入を防ぎたいのであれば、油圧センサーを導入して普段から油圧を監視するとよいでしょう。定期的なメンテナンスを行えば、既存の機械や設備の負担が減ってエネルギー消費量が少なくなるだけでなく機械的な損失も減らすことができます。機械や設備の寿命を伸ばしてコストを抑えつつ省エネ化を図るには、普段から必要なメンテナンスをしっかり行うことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です