企業が省エネを推進するとコストを削減できるだけでなく、ブランドイメージが向上したり機械などの寿命が延びるなどのメリットがあります。省エネを推進するには初期投資が必要になることがありますが、国や地方自治体が補助金や助成金などで企業を支援しています。国などの制度を上手く活用すれば、初期投資の出費を抑えて省エネを推進できコスト削減につながります。例えば工場内の照明を消費電力のLEDに交換したり、エネルギー消費量を可視化する装置を導入すればエネルギーの消費量が抑えられるのでランニングコストを削減できます。

工場で機械や設備を稼働させるには大量のエネルギーを消費するため、石油や石炭などの化石燃料を燃やさなければなりません。化石燃料を燃やすと、地球温暖化の原因となる二酸化炭素を大量に排出することになります。機械や設備から出る排熱をヒートポンプなどの装置を使って再利用すれば、エネルギー効率が高まり化石燃料の消費量を減らせます。少ないコストで必要なエネルギーを賄えるだけでなく、二酸化炭素の排出量を減らして地球温暖化の防止にも貢献できます。

社会全体の利益を考えて活動していることをアピールすれば、ブランドイメージが向上して業績の改善につながります。省エネを推進するには、既存の機械や設備のメンテナンスを定期的に行うのも有効な方法です。潤滑油や機械油の定期的な注入・交換や徹底した冷却を行うと、エネルギーの消費量を節約するだけでなく機械や設備の負担を軽減して寿命を延ばすことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です