企業が円滑に事業活動を行うためには利害関係者である消費者や投資家、社会全体の利益を考えなければなりません。自社の利益だけを考えて地球環境を破壊するようなことをすれば、人々からの信頼を失い円滑な事業活動ができなくなってしまいます。反対に消費者や投資家、社会全体の利益を考えて省エネなど適切な行動を取ればブランドイメージを高めることができます。省エネは限られたエネルギーの消費量を節約するだけでなく、地球環境の保護にも貢献します。

積極的に省エネを推進すれば、外部からの企業に対する評価が高まり円滑な事業活動が可能になります。エネルギーの消費量を節約するためには、ヒートポンプやコージェネレーションシステムなどを利用します。ヒートポンプは低温の空気などから熱を集め、高温に変えて給湯などに利用する装置です。コージェネレーションシステムは石油などを使って発電を行うのと同時に、排熱を回収して再利用します。

これらの装置を導入するには一定の費用がかかりますが、エネルギー効率が改善されるので総合的な費用を抑えることができます。省エネによってエネルギーの消費量が少なくなればコストも削減でき、生産性を高めるために予算を使えます。軸受部分にグリスを注入したりギアに潤滑油を注入するなど、定期的な機械のメンテナンスをエネルギーの消費量を抑えるのに有効です。グリスや潤滑油を定期的に注入・交換したり冷却を徹底して行うと、機械の負担を軽減できます。

省エネにはエネルギーの消費量を抑えてコストを削減するだけでなく、機械の寿命を延ばすというメリットも存在します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です