熱回収ヒートポンプは、マイナス数十度から100度以上までの広い温度域での利用が可能で冷却や加熱・感想といった工程を行うことが可能です。製造工程などで副次的に生まれた熱(廃熱)の温度を回復させる熱再生と呼ばれる技法や、熱回収をおこなって再度発熱などに利用するリサイクルなどの手法があります。これいがいにも熱回収ヒートポンプで蒸気代替をおこなったり水蒸気から見ずに変わるときに発生する気化熱を利用したりと、その用途は広がっていっているのです。いくつか具体的な手法について紹介していくと、まずは廃熱回収利用があります。

廃熱回収利用は、生産工程で排出される排水や廃棄などを回収して再度高温に加熱する方法で蒸発器で熱を回収し、凝縮器で加熱していく方法です。ほかの方法としては冷温同時利用よ呼ばれ、熱を奪う行為を蒸発器で行い凝縮器で加熱することを同時に行う方法です。これは食品工場などのような冷熱と温熱を同時に利用しているような場所で有効活用されています。ほかにも空気熱源利用といって、熱源の制約を必要としないところにも使えることが出来る手法です。

例えば家庭でも利用が可能で、洗濯機で使う水を温めるのと同時に涼しい風を室内に贈るということができればクーラーなどの電気料金が抑えられることも出来るでしょう。選択で使う水が温かいと汚れが落ちやすくなるので、一石二鳥です。少ないエネルギーで効率よく行う方法が、ヒートポンプなのです。熱回収のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です