熱回収によってエネルギーを再利用すれば、石油などの消費量を減らせるのでコスト削減につながります。また化石燃料の消費量が減れば温室効果ガスである二酸化炭素の排出量も減少するので、地球温暖化の防止にも貢献できます。製造業を営む企業が業績を向上させるには、消費者や投資家などからの評価が重要です。熱回収によってコスト削減を図る一方で、地球温暖化の防止に貢献すれば企業の評価も高まるため効率的な営業活動が可能になります。

工場などで無駄になる熱を回収して再利用するにはヒートポンプや全熱交換器、コージェネレーションシステムなどを使う方法があります。ヒートポンプは10度から40度ほどの熱を集めて、高温にしてから再利用するための装置です。身近な場所ではエアコンや冷蔵庫、冷凍庫や給湯システムなどに使われています。全熱交換器は空調で失われる温度と湿度を回収するシステムで、湿度も回収するので熱だけが対象となるヒートポンプより高性能です。

コージェネレーションシステムはガスなどを動力源とした発電機で電力を生み出す一方で、排熱を給湯や冷暖房などに利用します。電力会社などでは、軽油や重油など化石燃料を使ったコージェネレーションシステムの普及が進んでいます。発電や熱供給を行うシステムを単体で利用する場合、エネルギー効率はそれぞれ40%ほどです。コージェネレーションシステムによって発電と熱回収を同時に行うと、総合的なエネルギー効率は70%から85%まで高めることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です