年間を通じて熱交換器をハードに稼働し続けている生産現場も珍しくありません。それだけ熱交換器はあらゆる産業分野で欠かせない設備となっています。ところがハードに稼働し続ければそれだけ経年劣化も進みやすく、やがて何らかの故障やトラブルにつながるのも事実。例えば熱交換器スケールの蓄積から始まり、プレートや配管の劣化さらには貫通割れへと、徐々に深刻化していくケースも珍しくありません。

もちろん速やかな対処が必要になります。少しでも対処が遅れると、必要な熱量を供給できなくなったり、液体の漏洩で周囲の機器を破損することもあり得ます。そうなれば生産効率が低下するといった、様々なリスクを招くことも十分に考えられるでしょう。このようなリスクを避けるためにも、普段から定期的な点検を欠かさずに実施しなければなりません。

そして少しでも異常を確認したら、速やかに対処できる体制を整えておくことも大切です。もう1つリスク回避の対策として役立つのが、熱交換器スケールの付着しにくいタイプを生産現場へ導入することです。例えばプレート式熱交換器もその1つ。これは伝熱プレートにヘリンボンパターンのような波形状を施した、乱流促進構造に特徴があります。

プレート上の流体を意図的に乱すことで、温度の均一化を図り、高い熱効率を実現します。このプレート式熱交換器のメリットはこれだけではありません。乱流促進構造が自己洗浄機能を果たすことで、熱交換器スケールが付着しにくい構造になっています。これならばスケールを原因とするトラブルも軽減することができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です