製造ラインをはじめ復水器やボイラーあるいは蒸発生成器など、熱交換器はあらゆる産業分野で活躍しています。産業現場によっては、24時間365日ハードに稼働し続けているケースも珍しくありません。そんな熱交換器も長期にわたり稼働し続ければ、やがて経年劣化などで故障やトラブルが目立つようになります。まず熱交換器スケールの付着から始まり、プレートガスケットの亀裂そして貫通割れといったように、徐々に進行していくのが一つのパターン。

もちろん速やかに対処しなければなりません。そのまま放置しておくと、産業現場で必要とする熱量を十分に供給できなくなり、生産効率が低下する原因にもなります。それどころか液体の漏洩などで周囲の機器にまでダメージを与えれば、生産ラインを停止するような、深刻な事態を招くことさえあり得ます。このようなトラブルを避けるには、まず定期的な点検を徹底し、根気よく熱交換器スケールを除去し続けることが大切です。

そしてもし重大なトラブルが発生したら、できるだけスピーディーにメンテナンスできるように、あらかじめ準備しておくことも求められます。さらなる予防的な措置としては、最初から熱交換器スケールの付着しにくいタイプを産業現場で採用することです。例えばプレート式の熱交換器はその1つ。これは乱流促進構造といった独自の仕組みを取り入れており、それが熱効率を高めると同時に、自己洗浄機能まで果たします。

スケールが付着しにくので、製品寿命を延ばすことも期待できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です