熱交換器といえばあらゆる産業分野では欠かせない機器で知られます。製造ラインをはじめボイラーや復水器あるいは蒸発生成器をみれば、その汎用性の高さがわかるでしょう。産業現場によっては24時間365日稼働し続けるケースもあります。そんな熱交換器も長期わたりハードに稼働していれば、やがて経年劣化が進んで、何かと故障やトラブルが発生しやすくなります。

特に熱交換器スケールを原因とするトラブルはその代表的なケース。スケールが蓄積すると熱効率が落ちて、産業現場で必要な熱量を供給できなくなります。そうなれば生産効率も落ちてしまうでしょう。それどころかプレートガスケットや配管などに亀裂や貫通割れが起これば、そこから液体が漏れて、周囲の健全な機器にまでダメージを与えることになります。

こうなると産業現場そのものを停止せざるを得ません。こんなリスクを負う前に、予防措置を講じる必要があります。まず普段から定期的な点検を徹底し、ちょっとした熱交換器スケールも見逃さないことが大切です。また万が一のトラブルに直面しても速やかに対処できるように、自社でメンテナンスできる体制を整えたり、製造メーカーのアフターサービスを利用するなど、様々な対策も求められます。

さらに熱交換器スケールの付着しにくタイプを最初の時点で産業現場に導入することも、リスク回避には大きな効果が期待できます。例えばプレート式熱交換器であれば、乱流促進構造といった独自の仕組みによって、高い熱供給と優れた自己洗浄機能を発揮します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です