製造ラインをはじめボイラーや復水器あるいは蒸発生成器など、あらゆる産業分野で大活躍している熱交換器。産業現場によっては年間を通じて、ハードに稼働し続けるケースも珍しくありません。そんな熱交換器も長期わたり稼働していれば、経年劣化が進むことで何かとトラブルも目立つようになります。特に熱交換器の流体に含まれる不純物によって、熱交換器スケールが蓄積していくと、そこから様々なトラブルが発生しやすくなります。

まず初期の段階では、産業現場に必要なだけの熱量を供給できなくなり、生産性が低下するといった症状が現れます。さらに進むと、配管やプレートガスケットなどが腐食や貫通割れを起こし、そこから液体が漏洩するなどして、周囲の正常な機器にまでダメージを与えるようになります。こうなると現場の操業を停止するような、深刻な事態につながりかねません。熱交換器のトラブルによるリスクを回避するなら、まず日頃から定期的な点検を徹底することでしょう。

そこでちょっとした熱交換器スケールを見つけたら、こまめに除去していくことが大切です。また突発的なトラブルに直面した場合、スピーディーに対処する体制を準備しておくことも重要になります。例えば現場に導入した製品のメーカーと契約すれば、点検から緊急時のメンテナンスまで、トータルに対応できるケースもあります。特に熱交換器スケールの蓄積が進むとトラブルが発生しやすいので、メーカーによる点検の際に除去してもらうサービスが求められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です