熱交換器やクーリングタワーなど流体として水を通す装置は、使い続けていると内壁にスケールが付着します。スケールの主成分は水に含まれるカルシウムやマグネシウム、シリカなどの無機塩類です。熱交換器などの内部で何度も水が蒸発すると、無機塩類が急速に濃縮されスケールとなって析出します。非常に硬くて水に溶けにくいスケールは、金属製の工具でも簡単に削り落とすことができません。

しかし塩酸など強酸性の洗浄液を使えば短時間で溶かすことが可能です。一般的に強酸性の洗浄液は劇物に指定されており人体や環境、装置への影響が大きいので慎重に扱わなければなりません。皮膚や粘膜に付着したり目に入ったりしないように、マスクやゴーグルなどを着用して作業を行います。金属を腐食させる性質があるので、正しい濃度で使用して最後に処理液で中和しなければなりません。

デスケーラーは一般的な強酸性の洗浄液とは異なり、優れた洗浄力と安全性を兼ね備えています。この洗浄液は塩酸をベースとしていて強酸性ですが、安全性は石鹸水と同程度で触れても怪我をすることはありません。金属の腐食性も弱く一般的な洗浄液と比べると約4分の1なので、処理液による中和も不要です。デスケーラーは生分解性も備えていて環境に優しい設計になっており、水中の微生物によって速やかに分解されます。

他の洗浄液のように外部に排出して環境を汚染する心配がないので、プレート式熱交換器などの洗浄に気兼ねなく使うことができます。蓄積したスケールを除去するための優れた洗浄液が必要ならば、デスケーラーを選ぶとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です